「未分類」カテゴリーアーカイブ

髪の毛は伸ばせ!祝儀はけちるな!

私は子持ち、専業主婦の月々お小遣い性です。

お金に困るとき…一番は美容室、冠婚葬祭です。

何故なら旦那は床屋みたいなところで切っているので女性ほどお金がかからないので美容院にいくのはなんだか気が重くなります…

さらに子供を預ける訳ですから気を使います。

美容院にいくとカット、カラー、パーマ時々トリートメント…と2万はかかります。

オシャレが大好きで、昔から髪の毛をいじるのがすきで編んだり、ブレイズにしたり、飽きたらエクステつけたり…と髪の毛にはお金をかけてきました。

しかし、結婚して専業主婦。髪をいじるのも旦那にいちいち言わなくては行けません。

『今週髪の毛伸びてきたし…切ろっかなー?…』と様子を伺いながら。

『だめ!』と言われたことももちろんないですしいつも快く『いいよー気分転換にいっておいで』と言われてよけい気を使ったり…

今は凝った髪型にしないで伸びても変にならない髪型、カラーにしています。
ショートにするとまた、メンテナンスが…

夏は明るくしたいけどメンテナンスがかかるのでそれは避けていつもダーク、暗めの色でお願いしてます。
これだけは悲しいことに節約の方法が見当たりません…。

次に冠婚葬祭。

本当に悩みました。と言うのもこちらはもっと大金ですので主人に駆け引きもしてみました。

『友達の結婚式お祝儀なんだけど…半分払うから半分だしてくれると助かるなー…?』
と…

結婚して初めは自分貯金からおろしていました。

結婚式は増えるばかり…貯金は減るばかり私の親に相談すると

『そんなもの結婚したのだから、あなたの旦那が面倒をみるもの!独身時代の貯金に手をつけるのは早すぎる!きちんと話し合いなさい』とこっぴどく叱られました。

話し合った結果私の友達は旦那が知らない友達だから気を使って半分だしてほしいという結論にいたりました。今に至ってはこの件後悔してます。あのとき全額払ってと言えばよかった…

ただ、ここで問題がおきます。

髪の毛です。

無難な髪の毛で微妙に伸びているので結婚式ではアップにしないといけません。また大金が発生!しかも1日の為だけに7000円も…

もちろん自分でできないので、この件に関しても美容院に頼ります。そんな時はもう…髪の毛短ければ…とも思いました。

いろいろ考えれば考えるほどお金はなくなるし収入源は1つだし私は日々お金に困ってるなーと思います。

さすがに旦那に内緒でお金を借りる(借り入れするならどこがいい※銀行・消費者金融などおすすめの借入業者は?)わけにもいかないですしね。

主婦はお金の悩みがつきません。

ニードルを使ったワキ脱毛

ワキ脱毛を受ける場合にニードル脱毛による施術を受けるという方法もありますが、この方法は専用の電気針を使って行う脱毛のことで効果の程度については永久効果を得ることができるようになっています。

ニードル脱毛は以前の永久脱毛の方法としてスタンダードな方法でしたが、レーザー脱毛が普及して一度に広範囲にわたって永久脱毛をすることができるようになったことから利便性やコストの面からニードル脱毛の需要は減ることになりました。

しかし、今でもニードル脱毛の施術を受けることができるクリニックもあり、対象範囲が狭いワキ脱毛であればニードル脱毛による施術だと確実性も高いことから選択して施術を受けるケースもあります。

ワキ脱毛にどれくらいの時間がかかるのかというのは体毛が生えている状態などによっても変わってくる部分があるので一概には言えないところもありますが、ニードルによる施術だと時間はかなりかかる可能性があります。

最近はインターネットを使って脱毛の情報なども便利に調べることができるようになっていて、実際に利用した人の口コミ情報についてもあわせて知ることが可能になっていることから便利です。

ワキ脱毛を受けることによって得ることができる効果にはいろいろあることから、最終的にはどのような効果を得ることができるのかということをきちんと調べてから施術を受けるようにするということも必要であり脱毛のリスクに備えるようにしましょう。

 

ワックスを使ったワキ脱毛

ワキ脱毛にはいろいろな方法がありますが、ワックスを使った施術というのもあってワックス脱毛は脱毛したい場所に対してワックスを塗布して、固まったワックスを一気に剥していくというものです。

ワックス脱毛は効果が一過性であることから注意しなければなりませんが、一方で一度に広い範囲を対象として脱毛をすることができるので、短い期間だけムダ毛の処理をしたいという人にもおすすめとなります。

ワックスによるワキ脱毛は対象となっているところが多いので依頼して施術を受けることができるようになっていて、しっかり脱毛の効果を得るためには使用されるワックスの種類なども関係してくることになります。

ちなみにワキを対象としたワックス脱毛をする場合に自分でワックスを購入して脱毛をするという方法もありますが、それが厳しいと感じるのであればワックス脱毛に対応しているサロンを利用するという選択肢もあります。

ワキ脱毛は脱毛の箇所としてスタンダードな場所になっているのも特徴であることから多くのサロンやクリニックで対応していて、他の部位とあわせたプランなどが用意されているところもあります。

施術を受けるにあたって必要となる費用などはそれぞれのサロンやクリニックで異なっていることから事前にかかる費用を調べてから実際に利用するかどうかについても考えていく必要があり、ワキ脱毛のリスクなども副作用とあわせて考えるということも必要になってきます。

 

汗に困ってる方は…

私は毛深いのも悩みなんですが、汗かきなのも悩みの一つです。

とにかく汗かきで、冬でも汗をかくんです。ブーツを履いた時なんか、足の汗がすごくて足の裏がびっしょりです。

さすがに臭いが気になります。靴を脱ぐ飲食店なんて絶対にいけません。なので、最近は防止策として、足汗用の抑汗スプレーを使っています。《http://xn--1swp52e.jp/

これで汗を防ぐ毎日です。。。